スキンケアでニキビ防止

10代とニキビは切っても切れない関係にあります。いわゆる思春期ニキビと呼ばれるもので、10代の男女にとって深刻な悩みの一つと言えるでしょう。では、この思春期ニキビは何が原因で、どのような対処法がいいのでしょう。このサイトでは、思春期ニキビを防ぐためのスキンケアについて説明します。

20代以降の人にできるニキビを大人ニキビと言います。この大人ニキビは、ストレスや不規則な生活などによってできるもので、顎や首にかけてよく発生します。これに対し、思春期ニキビは、肌の皮脂が過剰に分泌されることでできるのです。皮脂が毛穴に詰まり、そこにアクネ菌が繁殖して、ニキビとなるわけです。できる場所も、おでこから鼻にかけて、そして頬と皮脂の分泌が激しい部分にできやすくなります。こういった思春期ニキビは放っておくとさらに悪化したり、つい潰してしまいニキビ跡として残ってしまうこともあります。

こういったトラブルを防ぐには、徹底したスキンケアが必要となります。思春期ニキビの原因は皮脂です。つまり、この皮脂を取り除いてやればニキビができにくくなるのです。そのためには、しっかりと洗顔を行うことが重要となります。洗顔料を使い、朝と夜に洗顔しましょう。ただし、洗顔後の肌は乾燥しています。乾燥は更なる皮脂を分泌させることになりますから、すぐに化粧水で保湿してください。もちろん、思春期ニキビは、皮脂の分泌だけが原因ではありませんが、こうしたスキンケアを行うことでほとんどが改善・予防できるのです。