思春期ニキビの特徴

男女を問わず、10代の大きな悩みの一つであるのがニキビです。いわゆる思春期ニキビと言われるこのニキビ。このニキビは特に女性にとっては、大変やっかいなものです。ニキビがあるだけで、人に会いたくなくなり、外出するのさえ億劫になってきます。ではこの思春期ニキビにはどんな特徴があり、20代の大人ニキビとは何が違うのでしょう。

思春期ニキビは10代、つまり思春期にできるニキビのことです。この時期は、身体が大きく変わっていく時期で、皮膚も皮脂の分泌が盛んになります。実は、これがニキビの原因となるのです。思春期には、成長ホルモンが活発になり、皮脂腺を刺激するようになります。そのため、皮膚には皮脂が過剰に分泌されることになり、その皮脂が毛穴をふさぎ、そこにアクネ菌が繁殖し、ニキビができるという仕組みなのです。

一方の大人ニキビは、ストレスや生活習慣の乱れが原因でできるもので、できる場所も顎や首付近のフェイスラインがほとんどです。しかし思春期ニキビは、皮脂の過剰分泌が原因となるため、額や鼻にかけてのTゾーン、そして頬にできることが多いのが特徴です。つまり、大人ニキビと思春期ニキビはその原因やできる場所が違うため、対処法も変わってくるのです。