思春期ニキビの対処法

思春期ニキビは洗顔と食生活で改善できるのですが、今回は特に洗顔を含むスキンケアについて紹介します。まずは、ニキビ予防の基本中の基本である洗顔。この洗顔は朝と夜の2回行います。ただし、この2回というのはあくまでも洗顔料を使った洗顔のことです。日中に汗をかいたりして顔を洗いたいことがあれば、洗顔料をつけずに水で軽く洗う程度に抑えましょう。

洗顔料は顔の皮脂を落としてくれます。これがニキビ予防になるのですが、実はこの皮脂は、皮膚を守る役割もしているのです。菌やウイルスから皮膚を守るバリアとして機能していますので、これを洗い流すのは危険を伴うのです。また、洗顔のし過ぎは、肌を乾燥させてしまいますので、これが逆に皮脂を分泌させてしまいます。洗顔は一日2回を必ず守ってください

ただ、洗顔は肌を乾燥させてしまいます。乾燥すると、それを防ごうと皮脂がまた余分に分泌されることになり、逆にニキビを増やしてしまうことにもなります。こういったことにならないよう、洗顔後の保湿スキンケアはしっかりと行う必要があるのです。また、洗顔後の化粧水はもちろんですが、化粧水前に肌の吸水力をアップさせるスキンケア化粧品を使うことで化粧水の浸透力を高めて潤った肌をキープすることが可能になります。きちんとしたスキンケアでしっかりとニキビを予防しましょう。

ニキビの2大原因

思春期ニキビというものは、次から次へと出てくるものです。しかし、放っておくとニキビ跡ができたり、炎症を起こしたりと皮膚にとって負担が大きくなります。できるだけ早い段階で、ニキビ対策をすることで、効果的に思春期ニキビを治し、予防することができるのです。

思春期ニキビに最も効果的な方法は、洗顔です。皮脂が毛穴に詰まり、そこにアクネ菌が繁殖することでニキビができるのですから、この皮脂をこまめに取り除き、毛穴を清潔な状態に保つことで思春期ニキビの改善と予防に繋がっていくのです。ただ、洗顔をやり過ぎると逆効果となりますので、注意が必要です。また、食生活を見直すことでもニキビを防げるのです

10代の頃は、スナック菓子や甘いものを必要以上に摂取しがちです。こういったものには、糖分や脂分が多く含まれています。また、スナック菓子には刺激物が入っているものも多いです。これらが、胃に負担となり消化吸収が悪くなるため、皮膚にも悪影響を及ぼすわけです。思春期ニキビができる原因としてこの2つが挙げられます。もちろん他にも原因はあるでしょうが、まずはこの2つに対してきちんと対処すれば、ほとんどのニキビは改善でき、予防もできるのです。

思春期ニキビの特徴

男女を問わず、10代の大きな悩みの一つであるのがニキビです。いわゆる思春期ニキビと言われるこのニキビ。このニキビは特に女性にとっては、大変やっかいなものです。ニキビがあるだけで、人に会いたくなくなり、外出するのさえ億劫になってきます。ではこの思春期ニキビにはどんな特徴があり、20代の大人ニキビとは何が違うのでしょう。

思春期ニキビは10代、つまり思春期にできるニキビのことです。この時期は、身体が大きく変わっていく時期で、皮膚も皮脂の分泌が盛んになります。実は、これがニキビの原因となるのです。思春期には、成長ホルモンが活発になり、皮脂腺を刺激するようになります。そのため、皮膚には皮脂が過剰に分泌されることになり、その皮脂が毛穴をふさぎ、そこにアクネ菌が繁殖し、ニキビができるという仕組みなのです。

一方の大人ニキビは、ストレスや生活習慣の乱れが原因でできるもので、できる場所も顎や首付近のフェイスラインがほとんどです。しかし思春期ニキビは、皮脂の過剰分泌が原因となるため、額や鼻にかけてのTゾーン、そして頬にできることが多いのが特徴です。つまり、大人ニキビと思春期ニキビはその原因やできる場所が違うため、対処法も変わってくるのです。

スキンケアでニキビ防止

10代とニキビは切っても切れない関係にあります。いわゆる思春期ニキビと呼ばれるもので、10代の男女にとって深刻な悩みの一つと言えるでしょう。では、この思春期ニキビは何が原因で、どのような対処法がいいのでしょう。このサイトでは、思春期ニキビを防ぐためのスキンケアについて説明します。

20代以降の人にできるニキビを大人ニキビと言います。この大人ニキビは、ストレスや不規則な生活などによってできるもので、顎や首にかけてよく発生します。これに対し、思春期ニキビは、肌の皮脂が過剰に分泌されることでできるのです。皮脂が毛穴に詰まり、そこにアクネ菌が繁殖して、ニキビとなるわけです。できる場所も、おでこから鼻にかけて、そして頬と皮脂の分泌が激しい部分にできやすくなります。こういった思春期ニキビは放っておくとさらに悪化したり、つい潰してしまいニキビ跡として残ってしまうこともあります。

こういったトラブルを防ぐには、徹底したスキンケアが必要となります。思春期ニキビの原因は皮脂です。つまり、この皮脂を取り除いてやればニキビができにくくなるのです。そのためには、しっかりと洗顔を行うことが重要となります。洗顔料を使い、朝と夜に洗顔しましょう。ただし、洗顔後の肌は乾燥しています。乾燥は更なる皮脂を分泌させることになりますから、すぐに化粧水で保湿してください。もちろん、思春期ニキビは、皮脂の分泌だけが原因ではありませんが、こうしたスキンケアを行うことでほとんどが改善・予防できるのです。